加賀野菜 食べまっし!《もくじ》





当サイトは加賀野菜に関するミニ事典を目指しています。加賀野菜に関する情報をご存知の方はどんな情報でもけっこうですのでバンバンお寄せください!

コメント またはメールでお願いします。


加賀野菜16品目
■打木赤皮甘栗かぼちゃ ■さつまいも ■源助だいこん ■二塚からしな ■加賀太きゅうり ■金時草 ■加賀つるまめ ■ヘタ紫なす ■加賀れんこん ■金沢一本太ねぎ ■タケノコ ■せり ■赤ずいき ■くわい ■金沢春菊 ■金沢藤五郎


5月はタケノコの最盛期



●金沢市内川地区でタケノコ祭りがはじまりました。
金沢でタケノコ祭り (5/4)(北陸朝日放送)
タケノコの産地として知られる石川県金沢市内川地区で4日、恒例の「タケノコ祭り」が開かれました。今年は地元の農家60軒が朝掘りしたおよそ1tのタケノコを販売しました。価格は店頭よりも2〜3割程度安いこともあり販売開始から4時間で売り切れました。また、会場の裏山では家族連れらがタケノコ堀りに挑戦し、中には直径30cmもの大物を掘り起こす子供もいました。(18:35)

●内川地区は、帰省時に時々蕎麦を食べに行く別所町の周辺一帯のことです。数年前、タイミングよく5月に訪問したときに、ちょうどこのタケノコ祭りに遭遇し、掘り立ての大きなタケノコをお土産に買って帰ったのを思い出しました。

●別所・内川地区はあまり交通の便のよくない市内のはずれにあります。お土産にしたいときは、この時期はたぶん近所のスーパーでも売り出されますから、カンタンに手に入ると思いますよ。

●加賀〜という名前はついてませんが、これもれっきとした加賀野菜の一つです。これから全国の食卓をにぎわしてくれそう。


金沢遠望
posted by kenbo | Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ

加賀太きゅうりの出荷、4月17日開始



●今年は寒波・大雪の影響で、例年より4日遅い出荷だったそうです。そrでもハウス栽培のため順調に生育。いつも通りの作柄で、関係者一同はほっとしているそうで。

●調子のいい私たちは、食卓にあがってくるのを待つだけです。農家の方には悪いのですが、それしかできないものですから。

●でも、おしい〜ッ!といって食べるのが、何よりのお礼ですよね。

●出荷が始まったと思うまもなく、来月下旬には旬を迎えます。11月までの半年間、金沢〜全国の食卓を賑わしてくれることでしょう。期待してます!
続きを読む

ジネンジョ「金沢藤五郎」新登場、加賀野菜の真打ちとなるか!?



●いいですねえ、自然薯じねんじょジネンジョ。強烈に粘りのある芋で、とろろにして食べると、どこまでもご飯がお代わりできるおいしさ。

●街中ではめったにお目にかかれない食材ですが、湯湧という、市のはずれにある町とはいえ、れっきとした金沢市内で採れるようになったんですね。素晴らしい。
金沢藤五郎、いざ全国へ ジネンジョ新品種、登録完了 湯涌地区原産、ブランド化
(北國新聞社 2006.3.7)
金沢市の湯涌地区などで栽培されているジネンジョ「金沢藤五郎」が六日までに、農林水産省の品種登録の認可を受け、金沢の”ブランド野菜”に新たな特産品が加わった。普通のジネンジョより成長が早く、粘りが強いのが特徴。名称は金沢という地名の由来とされる「芋掘り藤五郎(とうごろう)」の伝説にちなむ。名付け親の山出保市長は「生産量を増やし、金沢ブランドとして全国発信したい」と今後の展開に意欲を示している。
金沢藤五郎は、湯涌地区の山中で自生していたジネンジョのうち、地元の協力を得て高品質なものを選び出し、金沢市農業センターがバイオ技術で増やしていった品種。一九九六(平成八)年から品種確立に向けて試行錯誤を繰り返し、三年前に登録を申請。足かけ十年で、晴れて新品種として認められた。
通常のジネンジョは収穫まで三年かかるが、金沢藤五郎は二年で食べごろになる。農業センターによると、これほど生育の早いジネンジョはほかにない上、一般に市販されているナガイモより粘りが強く、味の評価も高いという。(後略)

●ネーミングは、金沢という地名のもとになった「金城霊沢―芋掘り藤五郎」の物語にちなんで名づけられたとか。「金沢藤五郎」はまさしく、加賀野菜の真打ちといえますね。

金城霊沢の秘密〜芋掘り藤五郎をめぐる歴史ロマンへの旅〜(美多幸夫)

●商品はいつ出てくるのでしょうか。来年にかけての最も期待のかかる加賀野菜です。







posted by kenbo | Comment(0) | TrackBack(0) | 金沢藤五郎

ダイコン大好き、源助大根が初出荷!



●いよいよ源助大根の出荷が始まりました(2005年10月)。じつは、個人的には「ナス」と「ダイコン」が一番好きな野菜なんです。
源助大根、肥ゆる秋 金沢できょう初出荷
二十一日に加賀野菜「源助大根」が初出荷されるのを前に金沢市打木地区などで二十日、農家が丸々と太った大根を試し掘りした。(北國新聞)

●源助大根の農家は3代目だそうですね。「今年は台風の上陸が少なかったため生育も順調で、つやが良くみずみずしい」そうです。期待しましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。